モニタリング調査-HIV

HIV予防啓発キャンペーン
12月1日は「世界エイズデー」
世界エイズデーは、世界レベルでのエイズのまん延防止と患者・感染者に対する差別・偏見の解消を目的に、WHO(世界保健機関)が1988年に制定したものです。我が国においてもその趣旨を踏まえ、エイズに関する正しい知識等についての啓発活動を推進し、エイズまん延防止及び患者・感染者に対する差別・偏見の解消等を図ります。
世界エイズデーイメージ
レッドリボン
【研究用】
HIV検査キットを使用したモニタリング調査

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大にともないHIV検査の機会が減少し, 無症候感染者が十分に診断に結びつかなかった可能性が懸念されている現在感染状況を調査するため、
ご賛同いただける方を募集中です。
「健康管理に関するデータ」を集約・分析し、個人情報の確実な保護を前提としつつ、ユーザー様に役立つ一般情報をわかりやすく提供し、自らの健康管理・予防行動につなげられるようにして参ります。

HIV検査キット研究用の売上の一部を寄附
2021年12月から販売予定のWondfo社HIV検査キットの売上の一部を寄附いたします。
STOP AIDS
今は「不治の特別な病」ではなく、 コントロール可能な病気です。
まずは早めに「HIV検査」
昔は不治の病というイメージがあったエイズ。
現在では様々な治療薬が開発されたおかげで、適切な治療によって症状を
コントロールしながら、普通の生活を送ることができるようになっています。
感染予防のために正しい知識を理解することが重要です。
また、早期発見と治療のためにも HIV検査が大事です。

HIV感染症/エイズの解説

【出展】 政府広報オンライン https://www.gov-online.go.jp/useful/article/201305/2.html
01_HIVとエイズってなに?
HIV AIDS
HIV感染=エイズではありません

「AIDS(エイズ)」(※1)とは、「HIV」(※2)というウイルスに感染して免疫力が低下し、決められた様々な疾患を発症した状態を言います。HIVに感染して数週間後、インフルエンザに似た症状
(発熱・筋肉痛・頭痛など)が現れる場合があります。その後、自覚症状のない時期が通常は数年続きますが、その間にも病気と闘う免疫力の低下が進行します。その後、日和見感染症(※3)を発症するようになります。
特に「指標疾患」(※4)を発症した場合、エイズと診断されます。本人がHIV感染に気づかず適切な対応をしないと、他人にHIVを感染させてしまう可能性があります。それを防ぐためにはまず、HIV感染の早期発見が重要です

02_HIV/エイズは増えているの?
HIVとエイズは増えているの?
日本では近年1,500人前後が新たにHIVに感染・エイズを発症していると報告されています
1981年に最初のエイズ症例が報告されて以来、世界中へHIV感染が急激に広がりました。
現在は多少ペースが鈍化したもののHIV感染者数・エイズ患者数は増え続けており、
2018年末現在、HIVとともに生きている人は世界で3,790万人となっています。
また、2018年に新たにHIVに 感染した人は170万人、エイズ関連疾患によって亡くなった人は
77万人となっています(国連エイズ合同計画(UNAIDS)より)。
日本では、近年1,500人前後が新たにHIVに感染・エイズを発症していると報告されています。
また、HIVに感染していたことを知らずに、エイズを発症して初めて気づいたというケースが、
新規HIV感染者・エイズ患者数の約3割を占めています。
03_感染を防ぐには?
感染を防ぐには
主な感染ルートは3つです
HIV血液や精液、膣分泌液などに含まれますが、感染力が弱いため、 日常生活(握手・入浴・缶などの回し飲みなど)ではうつりません。 主に次の3つの感染経路に限られているため、正しい知識を持って予防対策をとることで、 HIV感染のリスクを減らすことができます。
主な感染経路3つ
ジェンダーレスイメージ
性行為による感染
血液検査イメージ
血液を介した感染
妊娠イメージ
母子感染
04_感染・発症したら治せるの?
感染・発症したら治せるの?
早期の発見・治療で発症を抑えられます。
「不治の特別な病」ではなく、コントロール可能な病気です
今のところ、体の中にあるHIVを完全に取り除くことはできません。ただし、医療の進歩によって様々な治療薬が開発されたおかげで、体内にいるHIVの増殖をおさえ、免疫力を維持することが可能になっています。 万一、HIVに感染、またはエイズを発症しても、薬を飲み続けるなど適切な治療を継続することによって、普通の生活を送ることができますし、子どもを安全に出産することも可能です。 なお、エイズ発症後での治療は、発症前と比べて難しくなるため、より高い治療効果を得るためには、HIV感染を早期に発見し、早期治療につなげることが大変重要です。
検査

<注意!>

HIV検査は、感染後に産生される抗体が血液中にあるかどうかを調べる「抗体検査」が 一般的です。しかし、血液中で抗体が検出されるのは、HIV感染後から通常6~8週間を要するため、感染が疑われる時期から3か月以上経ってからHIV検査を受けてください。
新規HIV感染者報告数が年間1000人前後、エイズ発症後に報告される新規エイズ患者報告数も年間400人超で推移しており、潜在的なHIV感染者の存在が懸念されます。感染しても自覚症状が現れないため、気づかずにほかの人に感染させたりすることがあります。また、気づかずにエイズを発症してしまうと、エイズ発症前よりも治療が難しくなってしまいます。少しでも気になる方は、早めにHIV検査を受けましょう
6月1日~7日は「HIV検査普及週間」
この期間中には、全国各地でHIV/エイズに関する知識・理解を深めてもらうために様々な普及啓発活動が行われるとともに、HIV検査の利用機会を拡大するため、夜間・休日などでも検査を受けられるよう、検査体制の強化を図ります。
レッドリボン
レッドリボンについて
レッドリボンはエイズに苦しむ人々への理解と支援の意思を示すシンボルです。身に付けることで、あなた自身がエイズに関して偏見をもっていない、エイズとともに生きる人々を差別しないというメッセージになります。国連合同エイズ計画(UNAIDS)のシンボルマークにもなっています。

エイズ予防情報ネット https://api-net.jfap.or.jp/index.html

HIV感染症・エイズ 世界エイズデー2021 https://api-net.jfap.or.jp/index.html
HIV予防啓発キャンペーンイメージ
●名称:HIV予防啓発キャンペーン
●日程:2021年12月19日(日)時間未定
●場所:渋谷スクランブル交差点 TUTAYAビル1階イベントスペース
●目的:感染症研究調査・HIV予防啓発
~若年層のコロナ以外の感染症や健康意識向上をめざす~
●内容:HIV検査キット研究用 無償配布 2,000個
健康管理アプリ「ウエルネスくん」を使用しての感染症研究調査
公益財団法人エイズ予防財団様 パンフレット・啓発用グッツの配布
●スペシャルゲスト:アジャコング and more
●イベント告知LP:www.lab.wellness-kun.jp/monitoring-hiv
●協賛:Wondfo社
●主催:株式会社ダイコーホールディングスグループ

使用する検査キットについて

WHO 事前認証(WHO Prequalification)製品と同品質の研究用検査キットです。
臨床試験結果
HIV検査キット臨床試験結果
上記のデータは医療機関で検査した場合の結果です。
ご自身で検査した場合の微量血の場合、正診率は低下いたします。(感度:100%/特異度:99.96%)

【弊社提携メーカー】

Wondfo【研究用】HIV 検査キット

Wondfo社についてはこちらをご覧ください
※本製品は、研究や調査を目的としたもので本検査以外の目的に使用することはできません。
※本製品を用いた検査は、診断や治療を目的とすることができません。
※健康に不安のある方は、医師による診察・診断を受けることをお奨めします。
※ご使用に際しては添付の説明書をよくお読みいただき、ご使用される方ご自身の責任において、正しくご使用ください。

検査キットの入手方法

オンラインショップ「ダイコーマーケット」より 【研究用】HIV検査キットをお買い求めください。
販売開始(2021年12月予定)

健康管理アプリ
「ウエルネスくん」ダウンロード方法

個人様向け健康管理アプリ「ウエルネスくん」特設サイト

HIV検査の入力手順

1

スマートフォンでウエルネスくんを起動し下のメニューの【きろく>セルフチェック検査記録>HIV検査】をクリック ※2回目以降はホーム画面にショートカットを作成いただくと便利です

2

「HIV検査」からHIV検査キット撮影の「撮影」ボタンで検査結果を読み取り送信

3

検査結果は登録日順に一覧で表示されAIによる判定も表示されます いつでも・どこでも検査結果を確認できます

4

検査結果の履歴をクリックすると撮影した画像やメモ等の詳細を確認することが出来ます
ご賛同をありがとうございます。
新型コロナウイルス感染症に罹患された皆さま、及び関係者の皆さまに謹んで
お見舞い申し上げます。 また、医療従事者をはじめ最前線でご尽力されている
皆さまに、深謝申し上げます。 一日も早い収束と、
皆さまのご健康を心からお祈り申し上げます。
© 2020-2021 WELLNESSLABO